表面的な仕事の意味とは何か?

おはようございます!

今日もキャリアについて一緒に考えましょう!

 

最近、あることがあり仕事のあり方について

考えることがありました。

 

転職をしようか?現職に残るかを悩んでいる30代後半の方から

相談がありました。

今の仕事には興味がないけど、スキルはあまり誇れるものがない

でも、仕事についてかなり嫌気がさしており、体調にも

影響が出ている方でした。

 

その方は、別の相談サービス(有料)に行きましたが

年齢・スキル的にも転職はせずに、現職に残り異動を狙っていくことを

勧められたということでした。

僕はここで大きく疑問だったのですが

転職できるのか?出来ないのか?を聞きにきたのではなく

本人の本音としては「こういう状況だけどなんとか転職をする方法はないか?」

を聞きにきたのではないか?と疑問に思ったのです。

 

出来る、出来ないを判断せずに

相手の希望をいかに叶えるのか??それに伴う努力、リスクを

伝えた上で、納得して相手が進んでくれるための時間

それを提供していく姿勢が重要ではないかと思いました。

 

現実的な意見だからこそ良い!という話があるかと思いますが

この方は、会社を辞めたい!という気持ちがあり

この会社に残る目的がないのであれば

転職の可・不可を伝えるような表面的な仕事ではないのでは?と思いました。

 

相手の目的のために力になる仕事を今後も貫いていかなければ!

再度認識しました。

関連記事

  1. 【重要】将来的に仕事を選べなくなることのリスク

  2. コロナショック後の仕事と働き方の考え方

  3. 自分主軸ではなく、相手に合わせてキャリアを変えていくのは本末転倒

  4. 結果を出すために絶対におさえたい、忍耐と努力の違い

  5. サービスではなく、結果が欲しいからサービスを購入する

  6. 【元転職エージェントが教える】お金の流れからみる、転職エージェントの限…

PAGE TOP
Verified by MonsterInsights