元転職エージェントが教える!絶対におさえたいエージェントを使う際のポイント

1 【最初に】この記事を読んでいただきたい方

この記事は、以下の方向けて書いています。

  • どの転職エージェントがおすすめか分からない方
  • 転職エージェントとの面談って実際に何をするのか知りたい方
  • 転職エージェントとの面談に向けて準備すべきことや注意点が知りたい方

2 転職エージェントとの面談の流れ

私は、大手人材会社に勤めた経験に加えて、起業して数百人のキャリア相談に乗ってきました。
その中で、10社以上転職エージェントと面談して確認した面談の流れについて説明していきます

 

1:職歴の確認

2:転職背景のヒアリング

3:希望条件のヒアリング
(給与・業界・転勤の有無)

4:紹介できる求人の紹介

5:興味のあるものへのエントリー

 

質問の流れに前後はあるかもしれませんが、大きく分けるとこの流れで、面談は行われます。
合計の所要時間は約40~60分程度です。

3 転職エージェントのお金の稼ぎ方と目的

転職エージェントとの面談の流れはお分かりいただけたと思います。

ここで考えて欲しいことは、転職エージェントのお金の稼ぎ方とその目的です。

転職エージェントはどこで売上を上げているのか?

その答えは、

  • エージェントの紹介で正式に入社をした場合
  • 入社3〜6ヶ月間退職しなかった場合

です。

転職エージェントの目的を綺麗事抜きにしてシンプルに伝えます。

自社が紹介した方が、企業へ入社してもらうこと。

です。

4 転職エージェントはどのくらい儲けているの?

ずばり、面談に来た方を自社が扱う求人から企業へ紹介し、入社してもらうことで、

入社した方の年収の20〜30%、売り上げが発生しています。

5 転職エージェントを使う上での注意点

転職エージェントの稼ぎ方と目的がわかったところで、転職エージェントを使う上での注意点について解説していきます。

転職エージェントを使う上での注意点は、

「転職活動の軸は、自分で決めた上で利用すること」

です。

転職エージェントは「求人の紹介」をしますが、「転職の相談」に乗ってくれるわけではありません。

  • なぜ転職をしたいのか?
  • 転職の目的は何か?
  • キャリアプランは?
  • 現職の不満は何か?
  • 自分が転職で譲れないものは?

こういった自分なりの転職活動の軸は自分で決めた上で、転職活動を進めていくしかありません。

 

軸がない状態で、転職エージェントの言われるがまま、

転職活動をしてしまっては、結果的に自分の首を絞めることになりかねません。

例えば、条件だけ良かったけど、入社して数年経ってもスキルも経験も全く伸びていないと言うのは果たして、良い転職と言えるのでしょうか?

6 【まとめ】転職エージェントを使う目的意識を持とう

転職エージェントを使う際は、

  • 自分が転職で叶えたいことの明確化
  • 転職でNGなこと
  • 転職活動の目的など

「自分の転職活動の軸」をしっかりと明確にし、「転職エージェントの目的」を理解した上で利用するべきだと考えます。

自分の転職活動の目的が叶う会社を見つけていきましょう!

この記事が少しでも役に立てば幸いです。記事投稿の励みになりますので、少しでも良いな!と思いましたら、ぜひ、友人にシェアしてみてください。また、何か分からないことがあれば、コメントをして下さればお答えいたします。

僕は、人材業界の最大手企業で、
転職エージェントだった経験があります。
累計で、約1000人の相談に乗りました。

しかし、その支援サービスでは、自分の理想とは裏腹に、「本当に求職者に寄り添ったサービス」を提供することができず、現在の人材業界のサービスに限界を感じました。
利益を最大化することを目的にした人材系の会社では、仕方のないことだったかもしれません。

そこで、3年前に起業し、絶対中立のキャリア相談サービスを作りました。

人材業界の最大手起業で転職エージェントだった経験に加えて、求職者側の利益を最大化できるような仕組みを作り、情報発信をしています。
有益な情報発信となるよう、日々考えたことを発信していますので、お気軽に友達登録してください。絶対に後悔させません。

関連記事

  1. 市場から見える趣味と仕事の違い

  2. 何を大事にするかで仕事、働き方が変わります

  3. なぜそうなっているのか?から考える仕事・働き方

  4. 今年中に終わらせるべき年末にやること!来年の目標を立てるときのコツ

  5. 自分の市場価値の考え方

  6. 離職率37%。仕事が嫌だと思った時に考えるべきこと5選

PAGE TOP