給与が下がる時とは?

おはようございます!

今日も仕事・キャリアについて考えていきましょう!

★今日のテーマ

給与が下がる時とは?本当のリスクヘッジ

★結論

業績、景気、社内制度変更、税金など

自身と関係がないことが原因でも下がってしまう

給料は

今のまま維持できれば良いや!と考えていらっしゃる方へ

残酷なお知らせです

 

会社員・フリーランスに関わらず

手取りが減る可能性があることを

ご存知でしょうか?

給料・手取りが急に

無くなってしまう場合をまとめてみました

業績や残業禁止、増税による手取りの減少は

自分自身では避け難いことですよね?

 

このように

「自分ではどうしようもないことが原因」

で手取りを下げられてしまうことは実際にあります。

しかし、多くの方が

「自分の場合はそうはならない」と考えているのも事実です。

今回の、未曾有のコロナショックで

分かったことは給与や収入は

自分が関わっている、関わっていないに

関係なく減ることがあることを

体験されたのではないでしょうか?

 

そのようなリスクをしっかりと

認識し対策をしていくことも

「真の安定している状態」

に繋がっていくのではないでしょうか?

 

 

 

関連記事

  1. 元転職エージェントが教える!絶対におさえたいエージェントを使う際のポイ…

  2. そのサービスの目的は?人材エージェントの限界点

  3. 給料や年収が上がれば、本当にその転職は満足ですか?

  4. 自分が社長・人事なら、自分を採用するか?

  5. 転職=キャリアアップではない

  6. 自分にとって理想的なしごとの考え方

PAGE TOP