向いている仕事・向いていない仕事・嫌いな仕事の違い

こんにちは!

 

今日も仕事・キャリアについて

考えていきましょう!

 

今日のテーマは、

向いている仕事・向いていない仕事

嫌いな仕事の違いについて

 

今の仕事向いていないなあ

と感じていて

でも、向いている仕事って何?

と聞かれるとででこない

こんなふうに悩んでいることは

多いのではないでしょうか?

 

では、そもそも向いている仕事と

向いていない仕事を

どう分けるのか分析してみましょう!

〜向いている仕事〜

  • 向いていると感じている仕事は?
  • どんな部分か向いているのか?
  • そういった要素は他の仕事で活かせないのか?

〜向いていない仕事〜

  • 向いていないと感じている仕事は?
  • どんな部分か向いていないのか?
  • その要素がなければその仕事を続けていきたいのか?

向いている仕事にたどり着くには

向いていない仕事を経験し

何故、向いていないのか?

向いていないポイントは?

その向いていないポイントを改善すれば

その仕事をしていきたいのか?

を考えていくことがポイントです

 

しかし、向いていない仕事と

嫌いだと思う仕事を

ごちゃ混ぜに考えてしまう方が多いです。

 

その違いは、向いていない要素を外したときに

その仕事をやりたいか?を考えてみることがポイントになります。

例:営業が嫌だ!

→新規営業ではなく、既存の営業であれば良いのか?

 

今の仕事を見直し、考え直してみる

良いきっかけにしてください!

 

一緒に考えて欲しいという方は

こちらへ!

公式LINE(仕事・キャリアについての考え方・情報を発信しています)

関連記事

  1. 稼ぎ続ける会社員と稼ぎ続けられない会社員

  2. 給料や年収が上がれば、本当にその転職は満足ですか?

  3. 苦しい・嫌だ!負の感情を利用し、仕事・キャリアを変える方法

  4. 【圧倒的事実】当事者意識は差別化につながる

  5. 【見逃し厳禁】3年後の自分から逆算する意味とは

  6. 誰のためにその仕事・働き方・会社を選ぶのか?

PAGE TOP