【20代で起業して分かった】最適な「仕事の捉え方」

1【最初に】この記事を読んで頂きたい方

この記事は、以下のような方に向けて書いています。

・もう会社に行きたくないと感じている方
・現状の仕事に満足をしていない方
・仕事・会社の将来性に対して、不安を抱えている方
・朝起きた時、仕事に行きたくないなと感じている方
・とは言っても、自分のやりたい事がまだ見えていない方

2 この記事を読んで得られること

・仕事は、自分が得たいものを叶えるためのツールだということ
・仕事とは、(細分化)お金・時間・得たい結果・経験・地位・知識など生きていく上でのツールでしかないと考えるメリット
・仕事は人生ツールだと考えるためのコツ

3 仕事は人生のツールであるとは?

・仕事が楽しくない
・営業活動がしんどい
・いくら頑張ってもなかなか評価されない
・でも、やりたい仕事は見えていこない

そんな悩みを抱えてしまっていませんか?
僕自身も、会社員だった頃は毎日、出社をする度にお腹を下して
会社に行ったらまずトイレに駆け込んでしまうような生活を送っていました。

しかし、現在は趣味であるソフトテニスを週2〜3日行い、
仕事もやりがいと充実感を抱えながら毎日を過ごしています。

なぜ、そういった生活を手に入れることが出来たのか?

それは、
仕事=自分が叶えたいものを叶えるためのツールである
と捉えたからです。

具体的に言えば、
ソフトテニスをする時間を取れて
正直に、誠実に、嘘をつかなくてよくて、ありのまま、
メリット・デメリットをクライアントに伝えることが出来る仕事をしよう!

という考え方をしたからです。

仕事をどうしよう?と考えているだけだと
この発想がなかなか出てきません。

自分が望んでいることを叶えるために、仕事をどう使うのか?

で考えてみませんか?

4 そもそも、あなたは一体どこを目指しているのか?を考える

仕事=人生で叶えたいことを叶えるためのツールであることは、
理解できたと思いますが、その際にもう1つ考えてほしいことは、

そもそも、あなたは一体どこを目指しているのか?

です。

自分は一体どこを目指しているのか?を考えると言っても、どう考えたら良いのか?
分からない方は多いのではないでしょうか?

まず、以下の項目で考えてみてください。
・理想的な自分は一体どこに住みたいのか?
・理想的な自分は、週何日くらい働いていたいのか?
・理想的な自分は、1日何時間くらい働きたいのか?
・理想的な自分は、一体どんな生活が出来るくらいお金を稼いでいるのか?
・理想的な自分は、どんな仕事をしているのか?(複数)
・理想的な自分は、仕事に対してどんな気持ちを持っているのか?(複数)

これが理想的な状態の言語化です。
誰にも縛られることもなくありのまま考えた時、
自分が目指したい理想的な「状態」を叶えるために、仕事が存在します。

理想的な状態を叶えるために仕事をどうするのか?

これが、

仕事=人生を叶えるためのツールという考え方です。

5 理想的な状態へ近づくためのステップ=ライフプラン・キャリアプラン

理想的な状態はわかったけど、そんな理想的な状態に自分はとてもいけない!
と考えてしまった方も多いのではないでしょうか?

ここで、大事なこと
理想的な状態に近づくために、理想的な状態を叶える仕事に就くために、今からどうするのか?
を考えることがポイントです。

誰だっていきなり理想的な状態にはなれません。
だからこそ、理想的な仕事に就くためのステップ=キャリアプランを明確にする必要があります。

そのステップを1つ1つ登っていくこと、
そして今の仕事が理想的な状態と繋がっていないのであれば、
転職・副業などのキャリアチェンジは必須
です。

6 【まとめ】仕事は、理想的な状態を叶えるためのツールの1つでしかない

大手に入ること、ベンチャーに行くこと、副業をすること、資格を取ること。
それらは、自分の理想的な状態を叶えるために必要なことでしょうか?

僕も仕事=人生だった時よりも、
仕事=自分の理想的な状態を叶えるためのものと考えた時、まず何をすべきなのか?わかりました。

自分の今の仕事は理想的な状態へ繋がっているのか?
つい仕事=人生になってしまっていないか?
そんな視点で、今の仕事を見直してみてください。

この記事が少しでも役に立てば幸いです。
記事投稿の励みになりますので、少しでも良いな!と思いましたら
ぜひ、友人にシェアしてみてください。

また、何か分からないことがあれば
コメントをして下さればお答えいたします。

僕は、人材業界の最大手企業で、
転職エージェントだった経験があります。
累計で、約1000人の相談に乗りました。

しかし、その支援サービスでは、自分の理想とは裏腹に、
「本当に求職者に寄り添ったサービス」を提供することができず、
現在の人材業界のサービスに限界を感じました。
利益を最大化することを目的にした人材系の会社では、
仕方のないことだったかもしれません。

そこで、3年前に起業し、絶対中立のキャリア相談サービスを作りました。

人材業界の最大手起業で転職エージェントだった経験に加えて、
求職者側の利益を最大化できるような仕組みを作り、情報発信をしています。
有益な情報発信となるよう、日々考えたことを発信していますので、
お気軽に友達登録してください。絶対に後悔させません。

公式LINEはこちらから!↓

関連記事

  1. 【プロが直伝!】転職エージェントとその他サービスの圧倒的な違い

  2. やりたい!欲しい!と思ったことを叶えるために仕事はある

  3. 新卒・第二新卒が、「会社を辞めたい!」と思った時に考えるべきこと5選

  4. 自分のキャリア=半年先の自分の仕事を保証できない

  5. 年収が下がると起こること

  6. やっておいた方が良い は無駄?!どこを目指すか?から逆算してキャリア設…

PAGE TOP