【落とし穴】キャリアを「真剣に考えないこと」で失う致命的なこと

1 【最初に】この記事を読んで頂きたい方

  • 思考停止して仕事を続けているけど、このままで本当に良いのか心配な方
  • やりたいことを見つけるまでに、準備するべきことを知りたい方
  • 自分のキャリアを、そして市場価値を高めたい方

2 【結論】キャリアを真剣に考えないことで失うたった一つのこと

早速結論です。

転職したい!仕事に復帰したい!仕事を変えたい!もっと給料を上げたい!
そう思った時に、身動きが取れなくなることです。

もっとストレートにいうと、日々キャリアについて考えず、思考停止のまま仕事を続けていると、自分の可能性を日々毀損させています。

客観的に強みがない・専門性がない売りがない状態を放置すればするほど、問題が大きくなってしまいます。

3  現状維持で良いという思考の落とし穴

  • 転職したい。でも、強みがない。
  • このままこの会社で働いていても専門性や強みがつかないけど、良いのかな。
  • 転職したいけど、新しい環境でやっていけるのか不安。

こういった思考の結果、「だからもうちょっとこの会社にいよう」と考えてしまう気持ちは、よくわかります。

しかし、そんな風に考え始めてから、半年・1年と時間が経っていませんか?半年前・1年前と抱えている課題は改善に向かいましたか?

もし状況が変わっていないのであれば、それは大きな問題です。

4  キャリアを真剣に考えるにあたって考えるべき要素5選

キャリアを真剣に考えるにあたって、考えるべき要素は、以下の5点だと考えます。

  • 年齢
    若ければ若いほど、人材として価値があります。
    少し残酷ですが、結婚市場と同じです。
  • スキル・経験
    ・あなたは何ができる人?という質問に答えられますか?
    ・自分の売りを説明できる力がありますか?
  • マネジメント経験
    ・部下を育成したことはありますか?
    ・チームをまとめたことはありますか?
  • 専門性
    あなたに仕事を頼まなければいけない理由はありますか?
  • 売り上げにつなげる力
    あなたの仕事が、売り上げにつながりますか?

5 【まとめ】手遅れにならないために

上記の4点は、どれも作り上げるのに、時間がかかるものです。つまりキャリアを真剣に考えないことで失う、最も怖い点は、

気づいた時には、もう解決できない状態になっているかもしれない。

ということです。

自分のキャリアはこのままで大丈夫かな?と思った方。

そのモヤモヤは、今、ここで、すぐに解決するための行動を開始しましょう!

気づいた時には取り返しがつかないことになっているかもしれませんので、、、

僕は、人材業界の最大手企業で、
転職エージェントだった経験があります。
累計で、約1000人の相談に乗りました。

しかし、その支援サービスでは、自分の理想とは裏腹に、「本当に求職者に寄り添ったサービス」を提供することができず、現在の人材業界のサービスに限界を感じました。
利益を最大化することを目的にした人材系の会社では、仕方のないことだったかもしれません。

そこで、3年前に起業し、絶対中立のキャリア相談サービスを作りました。

人材業界の最大手起業で転職エージェントだった経験に加えて、求職者側の利益を最大化できるような仕組みを作り、情報発信をしています。有益な情報発信となるよう、日々考えたことを発信していますので、お気軽に友達登録してください。絶対に後悔させません。

 

 

関連記事

  1. 自分が社長なら、雇う理由があるのか?

  2. 人の悩みの相談に乗ることを仕事にしたい方へ!「相談に乗る」を仕事にする…

  3. 【見逃し厳禁】3年後の自分から逆算する意味とは

  4. すぐ!手を打つべし!仕事を選べなくなる人材の特徴

  5. 自分にとって理想的なしごとの考え方

  6. 〇〇したいよりも 〇〇しなければならないを作り出すこと

PAGE TOP