離職率37%。仕事が嫌だと思った時に考えるべきこと5選

1 【最初に】この記事を読んでいただきたい方

この記事は、以下の方向けて書いています。

  • 仕事が嫌で会社に行きたくないけど、何をしたら良いかわからない。
  • 転職活動を始める前に、取り組むべき大切なことを知りたい。

2 【結論】転職を成功させるために、最も大切にして欲しいこと

早速結論です。私は、転職を成功させるために、「以下の事項を明確にする」ことが大切だと感じています。

  • 転職したい目的は何か?
  • 現職で働き続ける目的は何か?
  • 一体、どこを目指しているのか?
  • 仕事をとおして何が得たいのか?
  • 得たいものは、現職では叶わないのか?

3 3年以内の離職率37%という数字と、この事実との向き合い方

  • 仕事がシンプルに嫌だ。
  • 職場の人間関係が最悪で、出勤するのが億劫。
  • 今の仕事は好きでないことがよくわかった。
  • 転職した方が良いと強く感じる。
  • でも、スキルもない自分には、転職なんてできない。

このように考えてしまう方も多いのではないでしょうか。

37%

この数字は中途入社した社員が3年以内に退職してしまう方の割合です。
約4割の方が転職後も、3年以内にまた転職をしています。

もちろん、ポジティブな理由による転職であれば、後のキャリアにも非常に良い影響があります。
しかしながら、実態としては
ポジティブな理由で転職をされている方の方が少ないです。

実際には、

  • 仕事が合わない。
  • 実際の担当業務がイメージと違った。
  • やりたいことと違った。

などが挙げられます。

では、3年以内に、ネガティブな理由で転職をせず、転職を成功させるためにはどうすれば良いのか?

考えるべきポイントを5つに分け、まとめました。

4 【まとめ】仕事が嫌だと思った時に考えるべきこと5選

仕事が嫌だと思った時、まず考えるべきことは以下の5つです。

1転職をしたい目的は何か?
何を叶えるために、何を改善するために転職をするのか?

2現職で働き続ける目的は何か?
何を目的に現職で働き続けるのか?それは自分が欲しいものなのか?

3一体どこを目指しているのか?
自分が最終的にどうなりたいのか?何を叶えたいのか?

4仕事を通じて、何が得たいのか?
どんな生活?年収?経験?を得たいのか?

5得たいものは現職では叶わないのか?
その得たいものは現職を続けていっても叶わないものなのか?それは手に入らなくても良いものなのか?

3年以内に離職される方の多くは、転職後・入社後の目的がありません。
つまり、転職すること・入社することがゴールになっています。

そのため、「自分の理想とするイメージ」と違った!など、
転職活動中では見極めづらいことがきっかけとなり、仕事をやめている実態があります。

  • 仕事が嫌だな!
  • 会社が嫌だな!

と思ったときにこそ、

  • 目的は何か?
  • 何が得たいのか?

を考えてみてはいかがでしょうか?

僕は、人材業界の最大手企業で、
転職エージェントだった経験があります。
累計で、約1000人の相談に乗りました。

しかし、その支援サービスでは、自分の理想とは裏腹に、「本当に求職者に寄り添ったサービス」を提供することができず、現在の人材業界のサービスに限界を感じました。
利益を最大化することを目的にした人材系の会社では、仕方のないことだったかもしれません。

そこで、3年前に起業し、絶対中立のキャリア相談サービスを作りました。

人材業界の最大手起業で転職エージェントだった経験に加えて、求職者側の利益を最大化できるような仕組みを作り、情報発信をしています。
有益な情報発信となるよう、日々考えたことを発信していますので、お気軽に友達登録してください。絶対に後悔させません。

関連記事

  1. 女性が仕事・キャリアを1日でも早く考えるメリット

  2. 【元転職エージェントが教える】お金の流れからみる、転職エージェントの限…

  3. どんな資格を取ればいい?確実に市場価値が上がる資格取得の考え方について…

  4. 自分に期待しない!やる気よりも環境

  5. 一人で出来ることを見極めて、人に頼ることの大切さ

  6. アホみたいなことを真剣にやるとキャリアが開かれる

PAGE TOP