【重要】将来的に仕事を選べなくなることのリスク

 1 【最初に】この記事を読んで頂きたい方

この記事は、以下のお悩みを持っている方向けに書いています。

  • 自分の市場価値が心配な方
  • 今の会社・仕事を辞めてしまうと再就職が出来ないと思っている方
  • 今の会社以外で使えるスキルは?と聞かれると困ってしまう方

2 この記事を読むと得られること

  • 仕事を選べなくなることのリスク
  • 仕事を選べる人と選べない人の違い
  • 選べる人間になるためにどうするのか?

3 仕事を選べないとはどういうことか?

まず初めに、仕事を選べなくなるとはどういうことなのか? について説明していきます。

仕事を選べなくなる状態 =

  • 今の会社・業務が嫌でも、スキルや実績がなく転職ができない
  • 会社の規定で給料や賞与が下げられてしまっても、給料を上げる術がない
  • 会社の業務命令に対して、交渉する余地がない

このような選択権がない状態 =仕事が選べない状態ということです。

4 仕事が選べなくなることのリスク

仕事が選べなくなることのリスクは、
条件面が変わった場合に、その条件下で働くことを余儀なくされること。
これまでの業務経験と全く違う職種についてしまった時、スキルが死んでしまうこと。

ひどい条件下で働かなければならなくなっても、 辞められないのは大きなリスクですよね?
また、ブラック企業にお勤めの方が、 なぜ辞めないのか?というと多くの方は、
辞めてしまうと、転職活動が不安
(引用:ブラック企業を辞められない理由 「生活が困窮する」や「家族を不安にさせる」を抑えた1位は当事者に聞いた
という理由が最も多いです。

つまり、辞めてしまうと再就職するのが難しいと思っているため、
悪条件の下でも「働くしかない状態=仕事が選べない状態」になってしまっています。

5 仕事を選べる人と仕事を選べない人の違い

では、仕事を選べる人と選べない人の違いは何か?
を考えていきましょう。

仕事を選べる人

  • 社外でも使えるスキル、実績を持っていること
  • 社外でも使えるスキル、実績があるため転職や副業が可能
  • 結果、仕事を選べる状態になる

仕事を選べない人

  • 社内でしか使えないスキル、経験のみ
  • 社外で通用しないスキルや経験のため、副業や転職が不可能
  • 結果、仕事が選べない状態にならない

仕事を選べる人と選べない人の違いを簡潔に言うと、
社外で通用するスキル、実績を持っているのかどうか? です。

6 仕事を選べる人材になるためにやるべきこと

仕事を選べる人材になるためにやるべきことは、

  • 自分のスキル・実績は何があるのか?
  • 自分のスキル・実績は客観的に見るとどう評価されるのか?
  • 社外でも評価されるスキル・実績はあるか?

こちらを棚卸することです。

社外でも使えるスキルや実績があれば、 それをより伸ばせる仕事、環境へ注力すること。
もし、社会でも使えるスキルや実績がなければ、 早急に獲得できる環境へ転職、異動すること
何よりもまず客観的に自身のスキルについて考えること。 これが重要です。

7 【まとめ】仕事が選べなくなる人の特徴とリスク

仕事が選べなくなる人の特徴は、
社外で生かせるスキルや実績がなく、今の環境や仕事を続けていても、改善される可能性が薄いこと。

仕事が選べなくなるリスクは、
給料カットや嫌な業務や人間関係に当たってしまった時も、他社に行けないために、従うしかなくなることです。

キャリアの問題の残酷なところは、
気づかない間に、仕事が選べなくなる可能性があることです。
まずは、客観的に自身の経歴を下ろしてみてください。

僕は、人材業界の最大手企業で、
転職エージェントだった経験があります。
累計で、約1000人の相談に乗りました。

しかし、その支援サービスでは、自分の理想とは裏腹に、「本当に求職者に寄り添ったサービス」を提供することができず、現在の人材業界のサービスに限界を感じました。
利益を最大化することを目的にした人材系の会社では、仕方のないことだったかもしれません。

そこで、3年前に起業し、絶対中立のキャリア相談サービスを作りました。

人材業界の最大手起業で転職エージェントだった経験に加えて、求職者側の利益を最大化できるような仕組みを作り、情報発信をしています。
有益な情報発信となるよう、日々考えたことを発信していますので、お気軽に友達登録してください。絶対に後悔させません。

関連記事

  1. 全て叶わないはウソ?!全て叶えるためにやるべきこと

  2. 市場から見える趣味と仕事の違い

  3. 【プロが教える!】「向かない仕事を選ばない」ために必要な3つの視点

  4. 自分に期待しない!やる気よりも環境

  5. 当事者意識を持つって何?市場の中で差別化された人材になるための方法

  6. 年収を上げるための理由があるのか?

PAGE TOP