コロナショックが収まれば元どおりに…ではない コロナショック後の仕事と働き方の考え方

Pocket

こんにちは!

 

今週も今日で終わりですね!

関西圏は、もう自粛が解かれて

段々と元どおりになっていくような

雰囲気を醸し出していますね!

 

生活面はもしかすると

戻っていくかもしれませんが

仕事面が大きく変わっていくでしょう

 

そんなとき、

自分には一体どれくらい将来性があるのか?

今の仕事は将来性があるのか?

業界の将来性は?

という事が気になってくる方も多いのではないでしょうか?

今日は、

 

今後さらに大きく変わってくる状況の中で

どう生き残るのかの考え方について

 

お伝えをしていきます

将来性ってそもそも何?

将来性や今後の安定性など

このご時世だとついつい意識してしまうものですが

そもそも将来性とはなんでしょうか?

それは

今後も市場から必要とされ続けるか?

です

 

突然ですが

ここで、少し昔を振り返ってみてください

 

皆さんはワープロはご存知でしょうか?

簡単に言えば、文字を打ってくれる機械です

実はこれは昔、ワープロができることで

仕事になったんです

 

それが今ではどうでしょうか?

ワープロが打てることは仕事になるでしょうか?

同様に、ワープロ機器を製造販売していた会社は

パソコンが出来たことで必要ではなくなりましたね!

 

ここでお伝えをしたことは

 

今は仕事になることでもあっという間に

必要がなくなることはある

という事です

将来性を作り出すためには?

では、どうすれば将来が見えない中で

どうすれば、生き残れるのか?

 

それは

 

会社・業界の将来性ではなく

自分のスキルの将来性を磨くこと

 

です

 

会社の将来性があっても

業界の将来性がなければ先細りですし

業界の将来性や会社の将来性があっても

自分のスキルがその業界の将来性と

マッチしていなければ必要とされません

自分のスキルを活かし

将来性のある業界と会社に必要とされる人材になれば

自分の将来性を作っていけますね!

コロナショックで変わる!仕事と働き方の考え方

コロナショックで大きく変わるのは

仕事と働き方への捉え方です

 

これまでは仕事は与えてもらうもので

大きな会社にいて与えられる仕事を行っていき

会社の用意してくれたキャリアステップを登っていく事が

求められる世の中でした

 

これからは、仕事は自分で取ってくるか

頼まれる存在であり続けるかです

 

今の自分には、仕事を頼まれる理由はあるのか?

無いのであればこれからのキャリアを

一度考え直してみてください!

 

関連記事

  1. 考えることと調べることだけは、面倒くさがってはいけない

  2. 何故、あなたのモチベーションは続かないのか?

  3. 何故、社会人になっても勉強をし続けなければならないのか?

  4. 何がゴールなのか決めるだけで驚くほど、成果が変わる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA