30代で適職を見つけるためにすべきこと

1【最初に】この記事を読んで頂きたい方

この記事は、以下のお悩みを持っている方向けに書いています。

・自分に合う仕事がわからない
・今の仕事は自分には合っていないと感じている

2【この記事を読むと得られること】

・自分に合った仕事を見抜くためのポイントがわかる
・自分に合う仕事と合わない仕事の特徴が分かる

3 【現職でどんな部分が合っていないのか?を棚卸しする】

今の仕事に合っていないなと思っていても、「具体的にどの部分があっていないの?」と聞くと分からない方が多くいることを知っていますか?
そもそもどんな部分が現職で合っていないのか?を考えていきましょう。

1今の仕事の何が嫌なのかを棚卸しする
そもそも現在の仕事の何が不満なのか?何を合わないと感じているのか?を明確にしていきましょう!

2苦手な仕事をしていないか?分析をする
現在担当している仕事がそもそも苦手な仕事をしていないか?を分析しましょう。
現在の仕事内容を改めて見直すことで自分に合っているか?を見直すことができます。

3目標を明確にする
自分がどのような目標を持っているかを明確にすることで、現在の仕事がその目標に繋がるかどうかを考えることができます。目標が明確になることで、自分自身の方向性を確認し、必要な行動を取ることができます。そして、今の仕事が自分の目標と沿っているのかを判断していきましょう。

4キャリアアップの可能性を探る
自分自身のスキルや能力を高め、自己アピール力を高めることで、より魅力的な候補者になることができます。また、そもそも現職で〇〇になりたい!などの目標があるのか?を改めて考えていきましょう。

4【適職を見つけるためにやるべきこと】

仕事が合わない部分の分析が終わったら、適職を見つけるためにやるべきことをまとめていきましょう!

1自分の経験の棚卸し
自分の強みやスキル、価値観などを客観的に見つめ直すことが大切です。自分自身のことを深く知ることで、自分に合った職種や業界を見つけることができます。

2キャリアプランを立てる
自己分析の結果を踏まえて、将来どのようなキャリアを築きたいのかを考え、具体的なキャリアプランを立てましょう。

3自分の得意なことが求められているか?分析する
自分の強みや得意なことが求められる仕事につくことは適職につく上でとても重要なことです。

4自分がこれまでどんな時に結果を出せてきたか?を分析する
自分はどういったこと、どういった環境で結果を出すことができていたのか?を分析してみましょう。逆に結果が出せないパターンも分析をしてみることは重要です。

5求められる人物像が合う会社には入る
会社で求められている人物像とマッチする会社に入ることは、大切です。
逆に求められる人物像と自分が合わない場合、自分がその会社に合わせていくため適職にはなりにくい傾向があります。

5【まとめ】適職=苦手な事をせず、求められる人間性に合っている所で得意な事をいかす

30代で適職を見つけるためにやるべきことは

1現在の仕事の何が嫌なのかを分析する
2自分の得意なこと、苦手なことの棚卸し
3自分の人間性と求められる人物像が合っているのか分析
4得意なことと人物像がマッチしている環境で働く

これまでの経験をただ経験としておいておくのではなく
1つ1つの経験を無駄なく使っていきましょう!

関連記事

  1. 転職か?副業か?これからの仕事・キャリアの選択に迷った時に考えるべきこ…

  2. マーケテインング職ってなに?どんな仕事?どうすれば経験できる?

  3. 資格よりもっと重要!市場から見られる重要な1つのポイント

  4. 仕事をいつでも変えられる状態=最強な状態!

  5. 元転職エージェントの人間が教える!なぜ転職エージェントへのキャリア相談…

  6. 【知らなきゃ損!】“年俸制”ってどんな制度?働く側のメリット・デメリッ…

PAGE TOP
Verified by MonsterInsights