「自分には何ができるのか」を説明できない人を会社は雇うのか?

おはようございます!

今日も仕事・キャリアについて考えていきましょう!

〜今日のテーマ〜

「自分には何ができるのか」を説明できない人を

会社は雇うのか?

★結論★

自分に何ができるのかを説明できない人材

出来ること・やりたいことに自信が持てない人材は

残念ながらこれから淘汰される可能性がある

自分が社長だった場合

そういった人を雇う人は少ないのではないか?

  • 自分には自信がありません

  • 仕事内容が説明できません

  • 自分が市場からどう見えているのか分からない

そういった悩みを抱えている方は

多いのではないでしょうか?

自分が社長だった場合

「自分の価値がわかりません」

「出来ることが分かりません」

といった方を採用するわけにはいきませんし

そういった方に仕事を任せようとは

思わないのではないでしょうか?

  • 自分のやってきたこと
  • 出来ること
  • 自信があること
  • やりたいこと
  • 任されたい仕事

それぞれを棚卸することのメリットをまとめました

転職を考えている人も

現職で頑張る人も

頑張る気がなかなか湧いてこない人も

「棚卸し」は

これからのキャリア戦略を

考える上で最も重要なポイントの1つです

関連記事

  1. 自分が社長なら、雇う理由があるのか?

  2. 【NG例あり】理想的な仕事・転職・キャリアの相談先とは。

  3. 自分の市場価値の考え方

  4. コロナショック後の仕事と働き方の考え方

  5. 年収をあげたいならルールを知ること

  6. 一度は考えて欲しい、「仕事」を楽しむための6ステップ【社長が語る】

PAGE TOP