自分の仕事について常に考える人とそうでない人の違い

こんにちは!

自分の仕事について

これからの仕事について

自分の市場価値について

など、考えることって普段ないですよね?

 

普段から自分の仕事について

考えたり、学んでいく人とそうでない人の違い

仕事・キャリアについて考えるメリットと

考えないデメリット

をまとめてみました

仕事・キャリアについて考える人のメリット

  • 年収が増える、 選択肢(働き方を選べる)
  • 市場価値の上げ方がわかる
  • どう頑張れば
  • 自分の欲しいものが手に入るのかわかる
  • 上司、会社の評価を得るための
  • 動きがわかる
  • 市場で選ばれる 人材になるための方法が見えてくる
  • 頑張り方、
  • 努力の仕方がわかる

仕事・キャリアについて考えないデメリット

  • 頑張った分の成果が返ってこない
  • 年収が低い理由が分からない
  • 評価の上げ方が分からない
  • 市場価値が低い理由が分からず、市場価値が低いまま
  • 専門性の付け方が分からず専門性がないまま
  • 年齢が上がった時、費用対効果が悪く、若い人材に替が効く
  • 頑張っても認められないことに気づかない

仕事・将来・市場価値

それぞれについて考えれば考えるほど

他の人と差が開いていきます!

ぜひ、キャリアについて一緒に考えていきましょう!

関連記事

  1. 楽して仕事がしたい!を本気で考える意味

  2. 自分のキャリア=半年先の自分の仕事を保証できない

  3. 【!危険!】 将来に焦って、 資格獲得に 走ってはいけない理由

  4. 向いている仕事・向いていない仕事・嫌いな仕事の違い

  5. 自分主軸ではなく、相手に合わせてキャリアを変えていくのは本末転倒

  6. 約30%!最終的にどうなりたいのか?綺麗事から仕事・働き方を考える

PAGE TOP