3年以内に転職できなくなる人の特徴

1 【最初に】この記事を読んで頂きたい方

この記事は、以下の悩みを持っている方向けに書いています。

  • 自分の市場価値が心配
  • 自分の将来性に自信がない
  • 自分が他社でやっていけるか不安

2 【この記事を読むと得られること】

  • 転職できる人と出来ない人の違いがわかる
  • 自分のキャリアをどう考えていけば良いかわかる
  • これから具体的に何をすればよいか分かる

3 【転職できる人と転職できない人の違い】

会社を辞めたいなと思った時に、そもそも自分は会社を辞めることが出来るのか?不安に思ったことはありませんか?

いやいやまだ若いし、自分は転職できるでしょ!
自分は大手に勤めてきたから大丈夫!
そこそこ仕事頑張ってきたし、年収も下がらずに転職出来るはず!

そう考えている方も多いかと思います。
でも、残念ながら多く人は思っているような転職はできないものです。
それは、会社で評価されることと転職が出来るか?は全く別問題だからです。

転職できる人の特徴としては、

  • 色々な経験をしている
  • 変化に対応できる柔軟性を証明できる
  • 自己分析ができており強みが明確にある
  • キャリアプランを持っており、自分の方向性を持っている
  • 成長意欲があり、スキルアップをし続けている

これらが挙げられます。

逆に転職できない人の特徴としては

  • スキルアップに取り組まない
  • コミュニケーション能力が乏しい
  • 自己分析が出来ていない、またはしていない
  • 強みや売りが自分で分からない
  • 変化に対応できず、現状に固執している

これらが挙げられます。

大手だから!仕事をそこそこ頑張ってきたから!といって油断していると
あっという間に転職できない人材になってしまう可能性があります。

 

4【3年以内に転職できなくなる人の特徴】

せっかく転職をできたとしても、転職してから3年後には転職がもうできなくなってしまうことがあります。
3年以内に転職ができなくなってしまう方の特徴として

1スキルアップやキャリアアップを怠る

転職するためには、自分のスキルや経験をアップデートする必要があります。しかし、スキルアップやキャリアアップに取り組まないまま同じ仕事を続けていると、転職先から求められるスキルや経験を持っていないことが理由で採用されなくなることがあります。

 

2新しいことに挑戦せず、3年前と同じ仕事をしている

同じ仕事をしているとスキルが停滞してしまい、新しい知識や経験が不足していきます。また仕事がマンネリ化してくるためどうしてもモチベーションが低下し、生産性が落ちてしまい、結果的に実績がなくなり他社からの評価も下がります。

 

3出世をせず、3年前と同じポジションでいる

同じポジションでいると業務範囲も責任の範囲も変わらないため、業務のスキルアップが見込めません。また、同じポシジョンで長期間働いていることでモチベーションも低下し、会社での評価も下がり、結果的に給与もダウンしてしまいます。その結果、成長意欲が乏しい人材とみられてしまいます。

 

4仕事を漠然としており、3年前から自分の強みに変化がない

3年前とスキルや強みに変化がないと、成長意欲や向上心がない人と見られます。年齢が上がったにも関わらず会社への貢献力に変化が見られない場合は、採用する側も採用する理由が見つけられにくいのが実情です。

 

 

5 【まとめ】常に成長し続けなければいずれ「いらない人材」へ

大手で働いているから、仕事を頑張っているから、会社での評価が高いから、他社でもきっと評価されるだろう!と考えている方は多いでしょうが、実際は甘くありません。

関連記事

  1. 仕事・会社に行きたくない!と思った時に考えること

  2. 35歳以降でも転職が出来る人が20代から行うこと

  3. 転職未経験者が転職で失敗しないためにまずやるべきこと

  4. 自分の仕事について常に考える人とそうでない人の違い

  5. 仕事をいつでも変えられる状態=最強な状態!

  6. 資格よりもっと重要!市場から見られる重要な1つのポイント

PAGE TOP