強みがない!それを決めるのは〇〇である

Pocket

こんにちは!

 

突然ですが、皆さんは自分のこれまでのキャリアに

どれくらい自信を持っていますか?

先日、私のセミナーにいらした方も

「アピールできる経歴も資格も実績もありません」

と話していました。

 

しかし、これは半分当たっていますが

半分は間違っています。

 

何故なら、

これまでのキャリアが良いか悪いか?

大したことがあるのかないのか?

価値があるのかないのかを判断するのは

自分と「企業」だからです。

自分視点で考えてはいけない強み

ご自身が大したことがないと思っている

経験でも、ある企業にとっては輝かしいものでもあります!

 

逆に自分ではすごいと思っていても

実はそれは自社でしか使えないスキルの場合

自分では価値があるものだと思っていても

実は価値がない場合もあります。

自分に強みがあるのかどうかは

自分一人の目線ではなく、「企業」からの目線も加えて

双方から考えていきます!

 

しかし、企業から評価されても

自信がなければ、買う側の企業も不安になってしまいますよね。

 

企業に評価してもらうために

自分の武器をしっかりと見極めて

企業に「強み」を認識してもらい

結果につなげましょう!

関連記事

  1. いきなり起業!副業って怖い!

  2. 「作られた安定・将来性」は危ない!どんな状況になっても大丈夫な自分にな…

  3. 読書こそ、人の倍以上成長していくための鍵!読んで損なし!キャリア関連本…

  4. 本気かどうか、結果が出るのかはその人の時間とお金の使い方を 見れば分か…

  5. ゴールのないマラソンは本当に辛い…ゴールは持つべき!

  6. 「仕事ができる」「仕事ができない」なんて誰が決める?

PAGE TOP