もう働かなくていいお金をもらえたら今の仕事を続けますか?

Pocket

こんにちは!

6月ももう終わり、今週から7月ですね!

2020年も早くも半分終わってしまいました。

 

ここ最近ありがたいことに

仕事の依頼をたくさんして頂く機会が増えたことで

仕事の中で、自分が何を大事にしているのかを

意識する機会が増えました。

クライアントから教わっていることも実際とても多いのです!

お金=感謝された量

起業をしているとよく聞かれるのが

「どれくらい儲かるんですか?」

「収入はどれくらい増えましたか?」

ということです。

 

もちろん収入はありがたいことに増えていますが

私のお金に関する考え方は

「収入は感謝された量と比例する」

ということです。

 

収入先行で仕事をしてしまうと

誰のために仕事をしているのか?

なんの価値があってその対価を得ているのか

分からなくなって行ったり

見失ってしまったりします。

お金を稼がなくては生きてはいけませんが

お金に終わりはありません。

稼いだら稼いだ分もっと欲しくなります。

お金が必要なくなったら、今の仕事は続けますか?

先日、こんなことを聞かれました。

「もう働かなくても良い収入がもらえるとしたら、今の仕事は続ける?」

その問いに対して私は

「もちろん」

と答える事が出来ました。

会社員時代に同じ質問をされていたら

間違いなく「続けない」と答えていました。

なぜ、私が「もちろん」と答える事が出来たのか?

というとそれは収入が多くなったからではありません。

 

理由は、忖度なくメリットデメリットの

両方をクライアントへ正直にお伝えする事ができる

今の仕事に対して、他では替えがたいやりがいを感じているからです。

会社員では、なかなか100%相手のために!

という形は取れません。

それはお金を就職先からもらっているからですね!

 

そうではなく、自分で仕事をする事で

相手のためを思って仕事ができること!

そこにこそ大きなやりがいを感じます。

 

このブログを読んでみて

「もう働かなくていいお金をもらえたら、今の仕事を続けますか?」

という問いに「続けない」と答えるのであれば

一度、これからのキャリアを見直してみませんか?

関連記事

  1. 転職したい!と思った時のために必要なこと

  2. 結局、環境次第で変われる!でも、実際に環境を変えることが難しい

  3. 今ほど、自分を守れるのは自分だけという言葉が似合う状況はない

  4. 会社の将来性<自分の将来性

  5. 「決められないからとりあえず…」は危険 決められない事で失うチャンス

  6. 資格を取ったからといって、仕事につける訳ではない理由

PAGE TOP