効率性を上げる事・モチベーションを維持する事 = 自分を知る事

Pocket

===お伝えしたい事===

・休むことで、大幅に仕事の生産性・効率性をあげられる!

自分の最も集中できるパターンを知らなければ、どんな方法も当てはまらない!

=============

 

こんにちは!

 

突然ですが、皆さんはしっかりと

休みをとっていますか?

僕は、この二日間仕事に触れない日を

作ったところ、とても良い兆候が現れました。

それは

頭のスッキリ具合とアイディアが浮かんでいること

です

 

より良い仕事をするために

休みを計画的に取ることが重要とは言いますが

それについて改めて気が尽かされたので

 

今日は、休むことで得られる

仕事へで生産性とモチベーションについて

ご説明します!

 

休まないとどうなるのか?抱えたまま走るランニングのようなもの

よく死ぬ気で働く!

何日も寝ていない!などの話を聞きますが

これって実はより仕事の効率を下げています。

個人差はもちろんありますが

人の集中していられる時間は

大体、40~50分程度です。

 

なので、ず〜っと働いていたとしたら

時間と体力だけ使って

仕事としての生産性は実は上がっていない…

なんてことになっているかもしれません。

なので、40分〜50分に1度は

別のことをしたり、頭を整理するために

一旦、仕事から離れることで

結果的に、質の良い仕事が出来たり

インプットも普段よりも多くなります。

 

実際、私は仕事をしている中で

最も重要視していることの一つに

時間を設けるということがあります。

 

これをどれくらい何時までに行うのか?を

決めて、その時間までに終わっても

終わらなくても次に行きます。

そうすることで生産性を、常に意識しています。

逆に切り替えたり、休まずに働いていることで

時間は長く働けますが

実際、集中していなかったり

前の仕事や学びをひきづってしまったりと

生産性が落ちてしまいます。

 

個人差はもちろんありますが

大事な事は、自分の頭や精神、集中力と

どう付き合うかです。

仕事の生産性を上げる=自分を知る事

〇〇すれば効率が上がる!

〇〇で生産性120%UP

こんな話はよく聞きます。

 

朝働いたほうがいい!

夜型の人間だから夜に仕事を持ってこよう!

などの話もよく聞きますね!

 

でも、最も重要な事っって…

自分のパターンを知っておく事

じゃないですか?

自分は一体いつ集中できる人間なんだろう?

自分は一体、どんな働き方がベストなのか?

朝方なのか?夜型なのか?

人によって集中する時間、パターン

環境は様々ですよね?

それを知らずに小手先の技術だけで

生産性を上げるのは難しいです。

 

ぜひ、このブログを読まれましたら

一度、休みをとり仕事から離れ

「自分は一体、どういう時間が集中し、生産性を上げられるのか?」

を分析してみてはいかがでしょうか?

関連記事

  1. あなたが仕事に求めることって?自分の軸の作り方

  2. 「ずっとこのまま」でいられる人は、相当限られた人だけ

  3. キャリアを考える時に一番やってはいけないこと

  4. 意味のない我慢、辞めませんか?

  5. キャリアを考える=時間の使い方

  6. 考えるのは やりたいこと・やりたい仕事ではなく、 在りたい状態

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA