質の良いインプットの仕方とは?

Pocket

クライアント様からよくこんなことを聞かれます!

どうやったら、そんなに知識を
身につけられるのですか?

どういう風にインプットすると
効率が良いですか?

こんな事をよく聞かれます

質の良いインプットのために
必要なことは言語化です

例えば、本を読み
その本の内容について
何を学び、何に気づき
自分の場合は、どうするのか?

この4点について
小学生に説明するように
言語化をしてみましょう!

難しい言葉を簡単に!
長い表現は簡潔に!

これを行うことで
自分の中で何が分かり
何が分かっていないのかが
整理されていくんです

ごちゃごちゃしたものを
噛み砕き、消化する

これが学んだものを言い換えて
説明するために自分の言葉に変換する

学んだものを無駄にしないためにも
しっかりと無駄なくインプットしていきましょう!

関連記事

  1. 「正解」が分からないからこそ、「あなたの正解」を自由に考える

  2. 今ほど、自分を守れるのは自分だけという言葉が似合う状況はない

  3. コロナショックで丸わかり?!その人の将来に対する姿勢の良し悪し

  4. よく分からない…では済まされない…これまでの自分を知らずに、これからの…

  5. 行動しなければ、〇〇さえ見えてこない

  6. 半年先の自分の仕事を保証できない自分のキャリアって将来性はある?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA