自分はどういう人で在りたいのか?を持ち、それをマネするだけでいい

Pocket

こんにちは!

 

最近、今更ながらSUTSという海外ドラマにハマっておりまして

一気に見ております!

ドラマを見ていて思ったことは

環境が人を変えていくこと

在りたい姿が近くにいることの影響

です。

 

環境が人を作り、その人の考え方や行動は

環境によって変わっていくということが

よく現れたものだと思います。

 

今日は、SUTSの内容に触れるのではなく

在りたい姿、理想像を持つことの意義について

伝えたいことがあります。

自分で決めた在りたい姿でなければ意味がない

よく将来、やりたいことは?

なりたいものは?と聞かれてきて

自分にそんなものがないと分かり

落ち込んでしまった方は多かったのではないでしょうか?

 

実は、夢とか目標って大そうなことでなくていいんです!

 

こんな風な素敵な家に住んでみたい!

こんな風に自分の仕事に対して誇りを持ちたい!

こんな風な気持ちで働きたい!

その〇〇したい!というものこそ

自分にとっての在りたい姿ではないでしょうか?

豪邸に住んで、海外旅行バンバン行って

綺麗なスーツと高級腕時計をする

それも間違ってはいません。

 

しかし、その在りたい姿に疑問があるなら

話は別です!

 

誰かに決められた、もしくは合わせるような

目標や夢では意味がありません。

 

例えば、私が24歳の時に考えたありたい姿は

 

正直に誠実に働きたい!

もっと相手にメリットとデメリットの

両方を伝える仕事がしたい!

相手に売り込むことなく、本当に必要とされたい!

というものでした!

これは誰が決めたものではありません。

 

自分自身がその時取り組んでいた

仕事への思いと理想の自分のギャップが

そのまま在りたい姿になりました。

 

誰かのためではなく、

自分自身の在りたい姿のために

自分はどう行動していけばいいのか?

そこを考えることこそが重要です。

自分が納得した目標や目的のために

自分の仕事は直結しているのでしょうか?

 

もし、直結していないのであれば

これからのキャリアを見直すタイミングに来ているのかもしれません。

関連記事

  1. サラリーマンで時間がないんです…サラリーマン風時間の作り方

  2. 自分が一番高く売れる市場=得意なことが評価される環境

  3. 行動しなければ、〇〇さえ見えてこない

  4. 感謝される仕事・働き方とはどういうもの? 週労働時間20時間!クレーム…

  5. 人と違う結果を手に入れたければ 〇〇と〇〇の使い方を変える

  6. 高すぎない目標を立てると勝手に頑張れる!

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA