努力すれば結果が出るという「約束」がなければあなたは努力しないのか?

Pocket

頑張れば必ず報われる訳ではないけど
それは「努力をしない」ことの
理由にはならない。

「能力を活かせる環境」を
自分で選び取るために
「努力」は必要だし
他人は、その努力を
馬鹿にする資格も権利もない

真面目にやることが格好悪いと思われる
意識高いと言ってくる人がいるのであれば
それは、真面目に努力することが
求められない環境なだけであって
その環境が自分には合っていないだけ。

自分を認めてくれて、力を発揮できる
環境は必ず別の場所にあるし
その環境を選べるような「力・能力」を
つけるための「努力」は必要だと思う。
これやったら結果が出るのか?
この仕事をすれば儲かるのか?
それはやってみたら分かるし
やらないで他の方法を探すのもいい

でも、やってみないと
その方法・仕事が自分にとって
合っているのかも判断がつかない。

鬼速PDCAって本があるけど
PDCAをどれだけ早く回せるのかが
勝負って書いてあった。

プランの前に動くのが重要だけど
チェックを行っているか?

動きっぱなしでは意味が薄れるから
動き・確認・反省・また動くの繰り返しが
人を高速で成長させる。

行動があってこそ、課題が見えてきて
それを乗り越えられる。

関連記事

  1. 「仕事=楽しい」がどれほど幸せか?

  2. キャリアを考える時に一番やってはいけないこと

  3. 質の良いインプットの仕方とは?

  4. これからのキャリア、あなたはどう考える?

  5. 将来の目標がない全ての方へ!考え方、変えてみませんか?

  6. キャリアを考える=時間の使い方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。